低位株

NISAん事件です!プラトン低位株投資法!

株や投資信託で税金がかからないと話題になっているNISAでどこまで儲けを出せるのか試してみましょう♪

【2015年11月】日本株アルファ・カルテット(毎月分配型)の分配金が入ってきた

【2015年11月】日本株アルファ・カルテット(毎月分配型)01

 

郵政3グループが株式上場しましたけど盛り上がってますね。
そのかわりほかの株が盛り下がっている始末です。

 

もっと注目されてもよさげな株とかあるんですけどね。
人気も資金もしばらくはこっちに流れるのでしょう。

 

そしてころあいを見て株式を組み込むファンドも出てくるかもしれません。
そうなると配当なんかも気になってしまいますね。

 

そのときはまた当サイトでご紹介したいと思います。

 

それではお待ちかね、分配金ファイトレディーゴー!

 

日本株アルファ・カルテットの分配金を見ていきましょう。

 

【2015年11月】日本株アルファ・カルテット(毎月分配型)02

 

日本株アルファ・カルテット(毎月分配型)
投資金額:20000円
分配金:578

 

今月も特別分配金578円となりました。

 

はい変わらずですね。
もうちょっとあげてもよさげな感じなんですけどまぁ様子見ですかね。

 

さて資産構成を確認しておきましょう。

ジャパン・エクイティ・プレミアム・ファンド クラスA 95.5%
マネー・マネジメント・マザーファンド 0.0%
短期金融商品等 4.5%
2015年9月末現在

 

こちらもちょっとずつ変更されてますね。

 

では今度はジャパン・エクイティ・プレミアム・ファンドクラスAの組入銘柄上位10位を見てみましょう。

 

ジャパン・エクイティ・プレミアム・ファンドクラスA
組入銘柄上位10位(2015年09月末現在)
1位 トヨタ自動車 日本 輸送用機器 5.7%
2位 三菱UFJフィナンシャル・グループ 日本 銀行業 4.8%
3位 日本電信電話 日本 情報・通信業 3.6%
4位 みずほフィナンシャルグループ 日本 銀行業 3.1%
5位 日本たばこ産業 日本 食料品 2.2%
6位 キヤノン 電気機器 1.5%
7位 ブリジストン ゴム製品 1.5%
8位 富士重工業 輸送用機器 1.5%
9位 大和ハウス工業 建設業 1.3%
10位 科研製薬 医薬品 1.2%

 

ランキングもトヨタが1位になりました。
銀行よりも頼りがいがある銘柄なんですね。

 

それとちらほら新規で組み込まれているのがありますね。
ブリジストンとか富士重が入ってきてます。

 

今回ランキングを外れたのが・・・、
NTTドコモ、KDDI、第一生命保険です。

 

では最後にチャートを見ておきましょう。

 

【2015年11月】日本株アルファ・カルテット(毎月分配型)04

 

【2015年11月】日本株アルファ・カルテット(毎月分配型)03

 

日本株アルファ・カルテット(毎月分配型) 1年チャート

http://www.morningstar.co.jp/FundData/Chart.do?fnc=2014040403

 

だいぶ基準価格も切り替えしてきましたかね。
まぁこれだけオールジャパン銘柄を抱えてますから日経平均が上がればおのずと上がるでしょう。

 

それにまだまだ資金が流入しているので安泰ですね。
でも分配金がこれ以上さがるとやばいですよ。

 

以前ネットマネーという雑誌にこの日本株アルファ・カルテットの記事があったので思わず買ってしまいました。

カルテットは4重奏という意味だそうです。
これが4階建てを意味するんですね。

 

1Fは日本の株式
2Fは為替です。ブラジルレアルの金利収入となります。
3Fは株式のオプションプレミアム。
4Fは為替のオプションプレミアム。

 

株式はちょっと持ち直した感じですけどブラジルレアルが安くなってます。
ですがこちらもそろそろ反発しそうな感じですね。

 

ちなみにブラジルの政策金利は2015年10月現在14.25%です。
なかなかの高金利ですがそれくらい余裕で円高になってますから底入れしてからでないと吹っ飛んでしまいます。

 

前から気になってたオプションなのですが解説が載ってました。

 

日本株カバードコール戦略の仕組み
(満期日に権利行使価格10300円の設定、オプションプレミアムは50円)

 

「A株10000円が上昇して10500円になった」

満期日に権利行使価格10300円を上回った場合・・・、
差額の200円は受け取れない。
その代わりオプションプレミアムの50円を受け取れる。
結果10350円の儲け。

「A株10000円が下落して9500円になった」

満期日に権利行使価格10300円を下回った場合・・・、
損失はそのまま500円。
その代わりオプションプレミアムの50円を受け取れる。
結果9450円の損失。

 

こうやってなんとか利益を確保しようとするファンドなんですね。
確かに前回紹介したブログにオプションはいらないと指摘がありましたがその通りですね。

 

利益を少なくして損失を補うというのもなんだかなぁと思ってしまいます。

でもだんだんとファンドに詳しくなってきましたよ。

 

さぁ来月はどんなことになっているやら・・・?

 

次回詰むや詰まざるや!

 


スポンサーリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
プロフィール
一平b
はじめまして、一平と申します。

NISAが最近よく耳にしますしそれに私自身がそのNISA枠で低位株をやっています。 なのでその運用実績などをアップして何か参考にしていただけたら幸いです。


NISA(ニーサ) ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログ NISA投資へ
にほんブログ村
カテゴリー
最近の投稿
スポンサードリンク
アーカイブ
最近のコメント