低位株

NISAん事件です!プラトン低位株投資法!

株や投資信託で税金がかからないと話題になっているNISAでどこまで儲けを出せるのか試してみましょう♪

【2015年7月】楽天USリート・トリプルエンジン(レアル)毎月分配型の分配金が入ってきた

【2015年7月】楽天USリート・トリプルエンジン(レアル)毎月分配型01

ギリシャ問題や上海指数の暴落などまさに台風のような出来事があって金融不安になるんじゃないかと思ってたらリアル台風がきたというね。

 

もうなんなんでしょう、経済的に暴風圏に入っている今日この頃いかがお過ごしでしょうか?

 

さてそんなこんなでまたそぞろ分配金が入ってきました。

 

それではお待ちかね、分配金ファイトレディーゴー!

 

楽天USリート・トリプルエンジン(レアル)毎月分配型の分配金を見ていきましょう。

 

【2015年7月】楽天USリート・トリプルエンジン(レアル)毎月分配型02

楽天USリート・トリプルエンジン(レアル)毎月分配型

投資金額:10000円
分配金:248円

 

今回は普通分配金+特別分配金248円となりました。

 

だんだんと普通分配金が復活してきているのではないですか?
よきことと存じます。

 

まぁとりあえず月次レポートを見てみます(06/30)

 

公社債・・・98.6%
短期金融資産・・・1.4%

 

前回より0.1%ほど変わってますね。

公社債となっていますけどこれはユーロ円債のようですね。

 

それでは当月の運用状況を見てみましょう。

楽天USリート・トリプルエンジン(レアル)毎月分配型03

 

当ファンドの基準価額は、前月末比▲4.6%となりました(分配金(課税前)再投資ベース、費用控除後)。
当ファンドが主要投資対象とする債券(以下、「ユーロ円債」といいます。)の原資産であるiシェアーズ 米国不動産ETF(以下、「米国リートETF」といいます。)が大きく下落したことや米ドルが対円で下落したことなどがマイナス寄与となりました。

インカムプラス戦略はプラス寄与となり、米国リートETFの損失を一部相殺しました。
なお、米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ社は、ユーロ円債の発行者の一つであるバークレイズ・バンク・ピーエルシーの長期カウンター・パーティ格付を2015年6月9日に従来のAからA-に引き下げました。
金融危機に対応する枠組みの整備が進んだことにより、政府が危機時に銀行システムへの緊急支援を行う可能性が低下していることが反映されたものです。
ただし、発行体の財務状況としては改善が期待できるとされており、政府支援の要素を含まない格付においてはむしろ引き上げられているものもあります。
当該格下げが当ファンドの基準価額等に与える直接的な影響ありません。

とまぁこんな感じとなっています。

画像で見るとアメリカリートとブラジルレアルの指数と含めたファンドを買ってる感じですかね。

 

そしてチャートです。

【2015年7月】楽天USリート・トリプルエンジン(レアル)毎月分配型03

楽天 USリート・トリプルエンジン(レアル)毎

http://www.morningstar.co.jp/FundData/Chart.do?fnc=2010083108

 

こんな感じですけどすべてアメリカ次第ですけどいまいち分かりにくいファンドではありますね。


スポンサーリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
プロフィール
一平b
はじめまして、一平と申します。

NISAが最近よく耳にしますしそれに私自身がそのNISA枠で低位株をやっています。 なのでその運用実績などをアップして何か参考にしていただけたら幸いです。


NISA(ニーサ) ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログ NISA投資へ
にほんブログ村
カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ
最近のコメント