低位株

NISAん事件です!プラトン低位株投資法!

株や投資信託で税金がかからないと話題になっているNISAでどこまで儲けを出せるのか試してみましょう♪

【楽天証券】貸株サービスってどうよ?

 楽天貸株サービス

貸株サービス

https://www.rakuten-sec.co.jp/web/info/info20141027-01.html

 

以前から各証券会社でやっている貸株サービスですが楽天証券でも手がけるようになりました。

 

ちなみにこのサービスを知らない人のために簡潔に説明すると・・・、

 

「持ってる現物株を証券会社に貸すとお金(金利)がもらえる。」

 

ということなんです。

さてネットで検索してみると貸株サービスはメリットよりもデメリットのほうが大きいなどと言われています。

 

はたして本当なのか?

私はこの貸株サービスにちょっと期待してみようかなと思う今日この頃であります。

 

遊びでどんなものかを試してみるのもいいかもと思っています。

 

その前に全貌を知っておかないと思いまして今回自分なりに調べてみました。

 

でもこれってNISA口座でお預かりの銘柄は対象外なんですって。

なんだかなぁって感じですけど仕方ありませんね。

 

1、貸株金利は毎週更新。

 

楽天証券では貸株サービスの貸株金利は毎週更新するそうです。
なので相場が激しく動いていればそれに応じた金利設定になるようですね。

 

しかも貸株金利は、銘柄ごとに設定。時期や銘柄によりボーナス金利の提示もあるとのこと。

 

貸株金利は日々計算され、1カ月分の金利がまとめて翌月に入金されます。

 

貸株サービス比較

 

こうやってみると貸株サービスをするのであれば楽天証券かなと思っちゃいます。

 

2、配当金も、株主優待もバッチリ受け取れる。

 

銘柄によっては「株主優待を受取る(優待優先)」か、株主優待の権利確定期間も「貸株金利を受取る(金利優先)」かを選択できます。

 

「貸株サービス利用しているけど株主優待がほしいとき」

>>>優待優先

 

権利確定日に自動的に株式を返却して権利落ちになったら自動的に貸株サービス手続き。通常の配当金ももらえます。

 

そのかわり貸株が返却されている間は、貸株金利を受取ることはできません。

 

「貸株サービス利用しているけど株主優待別に興味ないし」

>>>金利優先

 

権利確定日にそのまま継続。配当金相当額を預り金に自動入金。
配当金相当額とは源泉徴収された配当金の額と同額の金額です。

 

【注意】貸株を行ってしまうと株券の名義が書き換えられてしまうので、長期保有の株主に限定されている優待が受けられなくなるというデメリットがあります。
例えば1年以上もっていたらこの株主優待がもらえるとかいうあれです。

 

3、信用取引してても貸株サービスを利用可能。

 

ほかの証券会社ではだめなところもあるようですが楽天証券では利用可能です。

 

4、手数料等諸費用は無料。

 

株券等を貸し付けるにあたり、取引手数料等の費用を支払う必要はありません。つまりただです。

 

とりあえず申込みしてみるのでまた後日ご報告したいと思います。

 

 


スポンサーリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
プロフィール
一平b
はじめまして、一平と申します。

NISAが最近よく耳にしますしそれに私自身がそのNISA枠で低位株をやっています。 なのでその運用実績などをアップして何か参考にしていただけたら幸いです。


NISA(ニーサ) ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログ NISA投資へ
にほんブログ村
カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ
最近のコメント