低位株

NISAん事件です!プラトン低位株投資法!

株や投資信託で税金がかからないと話題になっているNISAでどこまで儲けを出せるのか試してみましょう♪

オリックス生命の特定疾病保障保険ウィズの解約返戻金は?

オリックス生命特定疾病保障保険ウィズ

 

オリックス生命の特定疾病保障保険ウィズ、こちらの保険をサイトを確認すると主な特徴が挙げられています。

 

1、がん(悪性新生物)・急性心筋梗塞・脳卒中に対する保障。
2、亡くなった時は死亡保険金で残された家族を金銭面でサポート。
3、「終身・低解約払戻金型」と「定期・無解約払戻金型」が選べる。

 

特徴をざっと挙げてみましたけど、オリックス生命の特定疾病保障保険ウィズのイメージはつかめましたでしょうか?

こちらの保険で面白いのは、ライフスタイルによって2つのタイプの保険を選べるというものです。

 

解約返戻金狙いなのであれば、終身・低解約払戻金型をチョイスするという流れになります。

もう一つの定期・無解約払戻金型は解約払戻金はありません。

 

その代わりお手頃な保険料で加入できるというメリットがあります。

どれくらいの違いかざっくり見てみましょう。

 

終身・低解約払戻金型
保険期間:終身、保険料払込期間:60歳払済
保険金額 300万円

男性40歳・・・12,249円

 

定期・無解約払戻金型
保険期間/保険料払込期間:90歳満了
保険金額 300万円
男性40歳・・・5,355円

 

どちらがいいかはその人次第だと思いますが、ライフスタイルによって選べるというのはありだと思います。

さて本題、運用の意味で注目なのが解約返戻金ですね。

 

そんなオリックス生命の特定疾病保障保険ウィズの解約返戻金ですがいくらぐらいになるのでしょうか?

それでは見ていくことにしましょう。

 

例:終身・低解約払戻金型
保険金額:1,000万円の場合、保険期間:終身、保険料払込期間:60歳払済、
男性30歳で契約 月額24,930円

 

50歳
経過年数20年
払い込み保険料累計・・・5,983,200円
解約返戻金・・・4,175,400円
返戻率・・・69.7%

 

60歳
経過年数30年
払い込み保険料累計・・・8,974,800円
解約返戻金・・・6,444,900円
返戻率・・・71.8%

 

60歳
低解約払い戻し期間経過直後
払い込み保険料累計・・・8,974,800円
解約返戻金・・・9,209,600円
返戻率・・・102.6%

 

70歳
経過年数40年
払い込み保険料累計・・・8,974,800円
解約返戻金・・・9,472,200円
返戻率・・・105.5%

 

80歳
経過年数50年
払い込み保険料累計・・・8,974,800円
解約返戻金・・・9,698,000円
返戻率・・・108.0%

 

同じ60歳でも低解約払い戻し期間経過前と後では全然違うのが分かります。
今回は60歳払い込みの例を挙げましたが、65歳・70歳・75歳・80歳払済が選べます。

 

そして保険金額も100万円から2,000万円まで10万円単位で設定できます。
それに応じて解約返戻金も変わってきますので興味のある方は確認しておくといいでしょう。

 

あと注意として契約年齢によっては、短期払が選べない場合もあるんですって。
こちらの保険で将来の安心を保ちつつ、しっかり計画的な資産形成も可能です。

 

掛け捨ての保険で自分で資産運用するのもいいでしょうが、なかなか素人にはハードルが高いです。
それにマイナス金利でない今だから、こういった保険が復活しています。

 

なのでこういった保険を通じて保険と資産運用を同時にやるのがいいかもしれません。

 

FWD富士生命のE-終身の解約返戻金は?

FWD富士生命E-終身

 

FWD富士生命のE-終身、サイトを確認すると主な特徴が挙げられています。

 

1、一生涯の保障をよりエコノミーな保険料で確保。
2、解約返戻金は将来の資金としても活用できる。
3、所定の状態などに該当したら保険料の払込みを免除。

 

特徴をざっと挙げてみましたけど、FWD富士生命のE-終身のイメージはつかめましたでしょうか?

こちらの保険で面白いのは、年金・介護保障への移行もできるという点です。

 

他にもあまり詳しく書かれてませんがレスキューP E-終身で契約するとFWD富士生命健康サービスが利用できます。

セカンドオピニオンやこころのサポートサービスなんかもありますよ。

 

でもサイトを見てもらったら分かりますが、FWD富士生命のホームページってみにくいですよね。

この辺ももうちょっと改善してほしいなと思ったりしました。

 

さて本題、運用の意味で注目なのが解約返戻金ですね。

そんなFWD富士生命のE-終身の解約返戻金ですがいくらぐらいになるのでしょうか?

 

例:保険金額:1,000万円の場合、保険料払込期間:60歳、保険期間:終身、
男性35歳で契約 月額28,610円

 

55歳
経過年数29年
解約返戻金・・・約478万円
返戻率・・・約69.7%

 

60歳
経過年数25年
解約返戻金・・・約872万円
返戻率・・・約101.6%

 

65歳
経過年数30年
解約返戻金・・・約893万円
返戻率・・・約104.0%

 

70歳
経過年数35年
解約返戻金・・・約913万円
返戻率・・・約106.4%

 

低解約返戻金期間は返戻金を低く抑えていますので7割以下ですね。
そして、60歳を過ぎてからガツンと増える様相になっています。

 

仮に60歳で解約した場合、保険料払い込み累計金額が約859万円です。
からの返戻率が約101.6%です。

 

長く持てばそれだけ利回りも上がることになります。
そして最初にも書きましたが保険料払い込みが終わってから、死亡・高度障害保険を年金や介護保障へ移行もできます。

 

こういうのをしっかり押さえておいて老後の備えとして活用するものありですね。

 

アクサの「長期保障」の定期保険LTTPフェアウインドの解約返戻金は?

axa定期保険LTTPフェアウインド

 

アクサの「長期保障」の定期保険LTTPフェアウインド、サイトを確認すると主な特徴として3つ挙げられています。

 

1、割安な保険料で98歳までの死亡・高度障害保障。
2、払いもどし金がある。
3、長期の保障に代えて年金で受取ったりできる。

 

特徴をざっと挙げてみましたけど、アクサの「長期保障」の定期保険LTTPフェアウインドのイメージはつかめましたでしょうか?

こちらの注目すべき特徴は定期保険ですが、保険期間は98歳となっているところです。

 

平均寿命が延びたとはいえ、そう98歳まで長生きされる方もそういらっしゃらないと思います。

なので実質終身みたいな保険だと思っていいのではないでしょうか?

 

さて本題、運用の意味で注目なのが解約返戻金ですね。

ちなみに、こちらでは解約時払いもどし金というふうに書いてます。

 

そんなアクサの「長期保障」の定期保険LTTPフェアウインドの解約返戻金ですがいくらぐらいになるのでしょうか?

 

例:65歳低払いもどし期間型、保険金額:1,000万円の場合、保険期間:98歳満了、保険料払込期間:65歳満了
男性35歳で契約 月額25,310円

 

65歳
支払い保険料累計9,111,600円
解約返戻金6,623,000円
返戻率72,6%

 

66歳
支払い保険料累計9,111,600円
解約返戻金9,474,000円
返戻率103.9%

 

70歳
支払い保険料累計9,111,600円
解約返戻金9,515,000円
返戻率104.4%

 

75歳
支払い保険料累計9,111,600円
解約返戻金9,546,000円
返戻率104.7%

 

85歳
支払い保険料累計9,111,600円
解約返戻金9,441,000円
返戻率103.6%

 

98歳
支払い保険料累計9,111,600円
解約返戻金0円
返戻率0%

 

見ていただいたら分かる通り、98歳まで持っていると解約返戻金がゼロになってしまいます。
まぁここまで持つ人もいないと思いますけど・・・。

 

そして返戻率が経過年数によって変わってくるのにも注意が必要です。
ざっと上記の例で確認すると、70歳で返戻率104.4%です。

 

ですが75歳で返戻率104.7%、そして85歳では103.6%と下がってしまいます。
この辺もしっかり確認しておかないといけませんね。

 

アクサの「一生保障」の終身保険の解約返戻金は?

axa一生保障

 

アクサの「一生保障」の終身保険、サイトを確認すると主な特徴として4つ挙げられています。

 

1、死亡・高度障害保障が一生涯続く。
2、保険料は契約時のまま変わらない。
3、低払いもどし金特則がある。
4、年金払移行特約を付けると、年金受取りにできる。

 

特徴をざっと挙げることで、アクサの「一生保障」の終身保険のイメージがつかめてきたのではないでしょうか?

特徴としては一生涯の死亡・高度障害保障があります。

 

あと面白いのが「低払いもどし金特則」です。

これを付けることで割安な保険料で死亡・高度障害保障が受けられるというものです。

 

さて本題というか、運用の意味で注目なのが解約返戻金ですね。

ちなみに、こちらでは解約時払いもどし金というふうに書いてます。

 

そんなアクサの「一生保障」の終身保険の解約返戻金ですがいくらぐらいになるのでしょうか?

 

例:65歳低払いもどし期間型、保険金額:1,000万円、保険期間:終身、保険料払込期間:65歳満了
男性35歳で契約 月額26,270円

 

65歳
支払い保険料累計9,457,200円
解約返戻金6,787,000円
返戻率71.7%

 

66歳
支払い保険料累計9,457,200円
解約返戻金9,709,000円
返戻率102.6%

 

75歳
支払い保険料累計9,457,200円
解約返戻金9,815,000円
返戻率103.7%

 

85歳
支払い保険料累計9,457,200円
解約返戻金9,908,000円
返戻率104.7%

 

65歳払い込み満了なので以降は払い込みは不要となっています。
そして保険期間は終身なので一生涯保障となっています。

 

まず、低払いもどし金特則付なので65歳未満の解約返戻金は低くなっています。
でも死亡保険金、高度障害保険金はしっかり保証してもらえますからその辺は安心ですね。

 

では肝心の解約返戻金はどうなっているのでしょうか?

ご覧の通り、65歳未満の返戻率は余裕で100%を切っています。

 

その代わり、66歳以降は100%を超えているのが分かります。

そして、解約返戻金も経過年数によって解約返戻率が変わってきますのでチェックしておきましょう。

 

【ひろゆき直伝】LEDでさくっと小遣い稼ぎ?そんな錬金術があるの?

 

元2ちゃんねるの管理人である西村ひろゆき氏ですが彼はYOUTUBEでライブ配信とかしているんですよ。
それで先日、そのライブ動画を見ていたらなかなか面白いことを言ってました。

 

その中でも興味深いのが、LEDを使っての儲け話?です。
彼はフランスに住んでいるのですが、たまに日本に帰ってくるのだとか。

 

それで家電量販店に行ったときに電球を買うタイミングでLEDのキャンペーンの存在に気が付いたようです。
調べてみると東京都のLED省エネムーブメント促進事業」と呼ばれているようです。

 

LED

 

ビックカメラのサイトを見るとでかでかとこう書かれてました。
「白熱電球または電球形蛍光灯1個のご提示でLED電球1個を無償交付します」

https://www.biccamera.co.jp/service/led_move/index.html

 

さて条件ですが、

対象者:都内在住で18歳以上の方(一人様1回まで)

1、家庭で使用中の白熱電球または電球形蛍光灯1個。
2、本人確認書類(運転免許証や健康保険証など)
3、受領書(店頭作成も可。あらかじめ用意しておくと交付がスムーズ。)

 

ですが、ひろゆき氏が動画では以下のような発言をしていました。

 

「住所確認ちょー適当なのよ。」
「電球1個100円ぐらいじゃん。」
「新品の電球買って3,000円のLEDに交換してもらって、メリカりで売ったとしても3,000円くらい儲かるわけですよ。」
「東京都民かどうかの確認もちゃんとしてないんだよね。」

 

東京以外に住んでいる人から見ても、なんともお得なキャンペーンに感じますよね?
東京はお金があるからこういうことができるのかもしれません。

 

これが都民ファーストなのでしょう。さてこれをみたユーザーはどんなコメントをしたのでしょうか?
調べてみると以下のようなコメントを寄せていました。

 

「なんで教えねぇんだよ。」
「すげえなそれ。」
「ずる賢いな。」

「その場で安い電球買ってLEDにロンダリング。」
「母ちゃんが町の電気屋で交換してた。ダイソーで白熱球買って交換すればいい。」

 

中にはコメントには身分証を提示求められたぞ、などという書き込みもありました。

この動画を見て実際に行動に移す人も出てくるかもしれませんね。

 

でもサイトを見ると、対象者都内在住で18歳以上の方(お一人様1回まで)と書いてあります。

おひとり様1回までなので確認しておきましょう。

 

【株式投資】副業アカデミーのシルバーコースのレビューと解約の話

この前、副業アカデミー株式投資講座のシルバーコースを解約しました。

結論からすると、すんなり解約できました。

 

まぁでも直接メールしないとダメでしたね。
ゴールドコースにあがるフォームはあるのに解約のフォームはない、それが残念でした。

 

さてレビューですが、その前にもともと講師の山下氏の本で興味を持ったんです。
それが「中華屋アルバイトのけいくんが年収1億円を稼ぐ1日1分投資」でした。

 

去年の夏にでて立ち読みした時に、これだと思ったんですよ。
でもセミナーに参加するまではいかなかったんです。

 

でも今年また「見習いカメラマンのけいくんが年収1億円を稼ぐ月3分投資」が出ましたね。
それで今度はセミナーに参加しようと思ったわけです。

 

なんというか大げさですが感銘を受けたんです。
アマゾンではレビューはけっこうぼろくそですが・・・。

 

もともと私は漠然とファンダメンタルは短期や中期では関係ないと思ってたんです。
そんな時に、チャートを読むだけで稼げるということにショックを受けました。

 

本当にこんな人がいるのか?できるのか?という疑問があり最初はそこまで突っ込みませんでした。
でも今年になってまた本を出しているのをみて、興味が出た次第です。

 

それで無料セミナーに参加して一度騙されたと思って入会しました。
実際、入会してどうするのかというと基本的に動画で勉強です。

 

チャットワークで月2回ずつ動画が配信されそれを見て勉強するというスタイルです。
その動画はだいたい2時間くらいあって、質疑応答の動画が20分くらいですかね。

 

動画の内容は最初はつかみの無駄話だったり、株の話とかでそれから考え方の概念のお話。
毎回、暗算的思考と体型的思考の話をしますがだいたい同じ内容です。

 

それでストックシミュレーションを使っての疑似トレードをやり日経平均の考察、
それから観察銘柄といって、その時点での山下氏が注目している銘柄をシェアします。

 

青文字がシルバーコースで赤文字がゴールドコースです。
基本的にシルバーコースは実践では株を買わないとのこと。

 

その中で、ここは売りですとハッキリ言ってた銘柄がありました。
それがアステラス製薬です。

 

あまりはっきりとは言わない山下氏ですが、これは狙っていたからということで気合入ってました。
高値の上髭の部分で空売りしたとのこと。しかもそれ以前の高値越えは売っていったんですって。

 

アステラス月足

アステラス製薬の月足 2,000円の高値で下落しているのが分かる。

 

アステラス

アステラス製薬の日足 2,000円を超えたらことごとく売り。

 

結果はご覧の通り下げてます。日経平均の暴落も相まって下げましたね。
受講生は今頃ウハウハなんでしょうね。私は入会したばかりでしたので動けませんでした。

 

とりあえずつらつらと書きましたが、余裕が出たらまた再開したいですね。
けっこう気に入ってたりしている自分がいるんです。

 

コース料金

 

あと受講料が月額29,000円x4回とありますが最低4か月という意味です。
4か月以上受講できますけど、月額なのでその分お金がかかります。

 

気になったのが再会した場合、また受講最低4回とかあるのかどうかですが質問しました。
すると最低の継続回数はないとのことです。

 

最後に興味深い練習銘柄をお教えしましょう。
それが1321 日経225連動投信です。

 

シルバーコースはストックシミュレーションで疑似トレードで練習します。
でも物足りないときってあるし、そろそろ自分を試してみた時があります。

 

そんな時にちょうどいい銘柄です。しかも1株単位でNISAもいけます。
1,000円負けても1,000円なのでそう痛くもないでしょう。

 

Alpha Chart【アルファチャートお気に入りに銘柄をインポートするとこうなった件

alfa01

 

便利なチャートソフトが「Alpha Chart」です。

これは最初の1か月は無料で使えますのでそれで気に入って有料にした方も多いのではないでしょうか?

 

でもですね、ここのサイトってあまり詳しく書いてなかったりするんですよね。
ちょっとの情報で自分で手探りでやっていくしかないと思いました。

 

そこで一番私が困った?のがお気に入りのインポートです。
いちいちお気に入りに追加とかするのがめんどくさいんですよね。

 

調べたらインポート機能見たいなのがあるじゃないですか?
でもぱっと見、分かりにくいんですよねぇ。

 

alfa02

 

さてこの「お気に入り銘柄」の「コピーと貼り付け」という部分です。

 

とりあえず簡単にインポートする方法として・・・、

 

1、エクセルやテキストエディタに銘柄コードを縦に並べる。

 

具体例

8411
9984

 

2、これをドラッグしてコピーします。

 

3、AlphaChartに「貼り付け(銘柄コード+改行、で複数行)」をクリック

 

これでみずほフィナンシャルグループとソフトバンクがお気に入りに追加されるというわけ。

でもこれをいちいちやっていくのも面倒ですよね。

 

そこで、JPX日経400採用銘柄で時価総額だいたい2,000億円以上の銘柄とかその他もろもろ300銘柄をリストアップしました。

 

4689
8411
2768
4902
2337
4272
4188
3402
8585
8410
7201
8628
6471
7186
6724
8002
7167
6113
8601
5105
3407
8282
4755
4503
4523
1928
1721
1801
1812
1878
1881
1925
1951
1959
2127
2181
2206
2229
2267
2269
2282
2327
2331
2371
2413
2502
2503
2587
2651
2670
2782
2784
2801
2809
2871
2875
2897
2914
3064
3088
3092
3141
3231
3288
3291
3349
3360
3382
3391
3401
3549
3738
3861
4005
4021
4061
4063
4182
4183
4185
4206
4208
4217
4307
4403
4452
4502
4506
4507
4519
4521
4528
4530
4540
4543
4555
4568
4578
4612
4613
4631
4661
4666
4684
4704
4716
4732
4739
4751
4768
4911
4912
4922
4924
4967
5101
5108
5201
5233
5332
5334
5401
5411
5711
5713
5947
6136
6146
6201
6268
6273
6301
6302
6305
6324
6361
6367
6383
6412
6448
6465
6479
6481
6501
6504
6506
6586
6594
6645
6701
6702
6758
6762
6770
6806
6841
6849
6856
6857
6861
6869
6902
6923
6954
6965
6971
6981
6988
7011
7012
7164
7203
7240
7259
7267
7269
7270
7272
7276
7282
7309
7313
7453
7458
7459
7532
7649
7701
7733
7735
7741
7747
7751
7832
7846
7951
7956
7988
8015
8028
8035
8036
8058
8113
8129
8174
8227
8233
8267
8273
8279
8304
8309
8316
8439
8473
8570
8586
8630
8725
8729
8750
8766
8801
8830
8876
9001
9003
9007
9008
9009
9020
9021
9022
9031
9041
9042
9044
9045
9048
9062
9064
9065
9086
9201
9202
9432
9433
9435
9437
9513
9531
9532
9533
9602
9627
9684
9719
9735
9766
9843
9962
9983
9984
9989
8252
3880
4202
9613
1911
5929
8593
3626
7752
8306
3405
4004
9503
2433
8056
1860
3289
5020
8604
8508
8308
7202
1605
6754
6326
6952
3197
2802
3563
8804
7180
8253
6752
2264
2412

 

これらをエクセルに一列にして張り付けてドラッグしてコピーします。

(もしくは一列ずつコピーしていくのありですね。)

 

そして、さきほどのお気に入り銘柄の「貼り付け(銘柄コード+改行、で複数行)」をクリック。

 

これで一気にお気に入りが増えると思いますよ。

 

プロフィール
一平b
はじめまして、一平と申します。

NISAが最近よく耳にしますしそれに私自身がそのNISA枠で低位株をやっています。 なのでその運用実績などをアップして何か参考にしていただけたら幸いです。


NISA(ニーサ) ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログ NISA投資へ
にほんブログ村
カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ
最近のコメント