低位株

NISAん事件です!プラトン低位株投資法!

株や投資信託で税金がかからないと話題になっているNISAでどこまで儲けを出せるのか試してみましょう♪

FWD富士生命のE-終身の解約返戻金は?

FWD富士生命E-終身

 

FWD富士生命のE-終身、サイトを確認すると主な特徴が挙げられています。

 

1、一生涯の保障をよりエコノミーな保険料で確保。
2、解約返戻金は将来の資金としても活用できる。
3、所定の状態などに該当したら保険料の払込みを免除。

 

特徴をざっと挙げてみましたけど、FWD富士生命のE-終身のイメージはつかめましたでしょうか?

こちらの保険で面白いのは、年金・介護保障への移行もできるという点です。

 

他にもあまり詳しく書かれてませんがレスキューP E-終身で契約するとFWD富士生命健康サービスが利用できます。

セカンドオピニオンやこころのサポートサービスなんかもありますよ。

 

でもサイトを見てもらったら分かりますが、FWD富士生命のホームページってみにくいですよね。

この辺ももうちょっと改善してほしいなと思ったりしました。

 

さて本題、運用の意味で注目なのが解約返戻金ですね。

そんなFWD富士生命のE-終身の解約返戻金ですがいくらぐらいになるのでしょうか?

 

例:保険金額:1,000万円の場合、保険料払込期間:60歳、保険期間:終身、
男性35歳で契約 月額28,610円

 

55歳
経過年数29年
解約返戻金・・・約478万円
返戻率・・・約69.7%

 

60歳
経過年数25年
解約返戻金・・・約872万円
返戻率・・・約101.6%

 

65歳
経過年数30年
解約返戻金・・・約893万円
返戻率・・・約104.0%

 

70歳
経過年数35年
解約返戻金・・・約913万円
返戻率・・・約106.4%

 

低解約返戻金期間は返戻金を低く抑えていますので7割以下ですね。
そして、60歳を過ぎてからガツンと増える様相になっています。

 

仮に60歳で解約した場合、保険料払い込み累計金額が約859万円です。
からの返戻率が約101.6%です。

 

長く持てばそれだけ利回りも上がることになります。
そして最初にも書きましたが保険料払い込みが終わってから、死亡・高度障害保険を年金や介護保障へ移行もできます。

 

こういうのをしっかり押さえておいて老後の備えとして活用するものありですね。

 

プロフィール
一平b
はじめまして、一平と申します。

NISAが最近よく耳にしますしそれに私自身がそのNISA枠で低位株をやっています。 なのでその運用実績などをアップして何か参考にしていただけたら幸いです。


NISA(ニーサ) ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログ NISA投資へ
にほんブログ村
カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ
最近のコメント