低位株

NISAん事件です!プラトン低位株投資法!

株や投資信託で税金がかからないと話題になっているNISAでどこまで儲けを出せるのか試してみましょう♪

オリックス生命の特定疾病保障保険ウィズの解約返戻金は?

オリックス生命特定疾病保障保険ウィズ

 

オリックス生命の特定疾病保障保険ウィズ、こちらの保険をサイトを確認すると主な特徴が挙げられています。

 

1、がん(悪性新生物)・急性心筋梗塞・脳卒中に対する保障。
2、亡くなった時は死亡保険金で残された家族を金銭面でサポート。
3、「終身・低解約払戻金型」と「定期・無解約払戻金型」が選べる。

 

特徴をざっと挙げてみましたけど、オリックス生命の特定疾病保障保険ウィズのイメージはつかめましたでしょうか?

こちらの保険で面白いのは、ライフスタイルによって2つのタイプの保険を選べるというものです。

 

解約返戻金狙いなのであれば、終身・低解約払戻金型をチョイスするという流れになります。

もう一つの定期・無解約払戻金型は解約払戻金はありません。

 

その代わりお手頃な保険料で加入できるというメリットがあります。

どれくらいの違いかざっくり見てみましょう。

 

終身・低解約払戻金型
保険期間:終身、保険料払込期間:60歳払済
保険金額 300万円

男性40歳・・・12,249円

 

定期・無解約払戻金型
保険期間/保険料払込期間:90歳満了
保険金額 300万円
男性40歳・・・5,355円

 

どちらがいいかはその人次第だと思いますが、ライフスタイルによって選べるというのはありだと思います。

さて本題、運用の意味で注目なのが解約返戻金ですね。

 

そんなオリックス生命の特定疾病保障保険ウィズの解約返戻金ですがいくらぐらいになるのでしょうか?

それでは見ていくことにしましょう。

 

例:終身・低解約払戻金型
保険金額:1,000万円の場合、保険期間:終身、保険料払込期間:60歳払済、
男性30歳で契約 月額24,930円

 

50歳
経過年数20年
払い込み保険料累計・・・5,983,200円
解約返戻金・・・4,175,400円
返戻率・・・69.7%

 

60歳
経過年数30年
払い込み保険料累計・・・8,974,800円
解約返戻金・・・6,444,900円
返戻率・・・71.8%

 

60歳
低解約払い戻し期間経過直後
払い込み保険料累計・・・8,974,800円
解約返戻金・・・9,209,600円
返戻率・・・102.6%

 

70歳
経過年数40年
払い込み保険料累計・・・8,974,800円
解約返戻金・・・9,472,200円
返戻率・・・105.5%

 

80歳
経過年数50年
払い込み保険料累計・・・8,974,800円
解約返戻金・・・9,698,000円
返戻率・・・108.0%

 

同じ60歳でも低解約払い戻し期間経過前と後では全然違うのが分かります。
今回は60歳払い込みの例を挙げましたが、65歳・70歳・75歳・80歳払済が選べます。

 

そして保険金額も100万円から2,000万円まで10万円単位で設定できます。
それに応じて解約返戻金も変わってきますので興味のある方は確認しておくといいでしょう。

 

あと注意として契約年齢によっては、短期払が選べない場合もあるんですって。
こちらの保険で将来の安心を保ちつつ、しっかり計画的な資産形成も可能です。

 

掛け捨ての保険で自分で資産運用するのもいいでしょうが、なかなか素人にはハードルが高いです。
それにマイナス金利でない今だから、こういった保険が復活しています。

 

なのでこういった保険を通じて保険と資産運用を同時にやるのがいいかもしれません。

 

FWD富士生命のE-終身の解約返戻金は?

FWD富士生命E-終身

 

FWD富士生命のE-終身、サイトを確認すると主な特徴が挙げられています。

 

1、一生涯の保障をよりエコノミーな保険料で確保。
2、解約返戻金は将来の資金としても活用できる。
3、所定の状態などに該当したら保険料の払込みを免除。

 

特徴をざっと挙げてみましたけど、FWD富士生命のE-終身のイメージはつかめましたでしょうか?

こちらの保険で面白いのは、年金・介護保障への移行もできるという点です。

 

他にもあまり詳しく書かれてませんがレスキューP E-終身で契約するとFWD富士生命健康サービスが利用できます。

セカンドオピニオンやこころのサポートサービスなんかもありますよ。

 

でもサイトを見てもらったら分かりますが、FWD富士生命のホームページってみにくいですよね。

この辺ももうちょっと改善してほしいなと思ったりしました。

 

さて本題、運用の意味で注目なのが解約返戻金ですね。

そんなFWD富士生命のE-終身の解約返戻金ですがいくらぐらいになるのでしょうか?

 

例:保険金額:1,000万円の場合、保険料払込期間:60歳、保険期間:終身、
男性35歳で契約 月額28,610円

 

55歳
経過年数29年
解約返戻金・・・約478万円
返戻率・・・約69.7%

 

60歳
経過年数25年
解約返戻金・・・約872万円
返戻率・・・約101.6%

 

65歳
経過年数30年
解約返戻金・・・約893万円
返戻率・・・約104.0%

 

70歳
経過年数35年
解約返戻金・・・約913万円
返戻率・・・約106.4%

 

低解約返戻金期間は返戻金を低く抑えていますので7割以下ですね。
そして、60歳を過ぎてからガツンと増える様相になっています。

 

仮に60歳で解約した場合、保険料払い込み累計金額が約859万円です。
からの返戻率が約101.6%です。

 

長く持てばそれだけ利回りも上がることになります。
そして最初にも書きましたが保険料払い込みが終わってから、死亡・高度障害保険を年金や介護保障へ移行もできます。

 

こういうのをしっかり押さえておいて老後の備えとして活用するものありですね。

 

アクサの「長期保障」の定期保険LTTPフェアウインドの解約返戻金は?

axa定期保険LTTPフェアウインド

 

アクサの「長期保障」の定期保険LTTPフェアウインド、サイトを確認すると主な特徴として3つ挙げられています。

 

1、割安な保険料で98歳までの死亡・高度障害保障。
2、払いもどし金がある。
3、長期の保障に代えて年金で受取ったりできる。

 

特徴をざっと挙げてみましたけど、アクサの「長期保障」の定期保険LTTPフェアウインドのイメージはつかめましたでしょうか?

こちらの注目すべき特徴は定期保険ですが、保険期間は98歳となっているところです。

 

平均寿命が延びたとはいえ、そう98歳まで長生きされる方もそういらっしゃらないと思います。

なので実質終身みたいな保険だと思っていいのではないでしょうか?

 

さて本題、運用の意味で注目なのが解約返戻金ですね。

ちなみに、こちらでは解約時払いもどし金というふうに書いてます。

 

そんなアクサの「長期保障」の定期保険LTTPフェアウインドの解約返戻金ですがいくらぐらいになるのでしょうか?

 

例:65歳低払いもどし期間型、保険金額:1,000万円の場合、保険期間:98歳満了、保険料払込期間:65歳満了
男性35歳で契約 月額25,310円

 

65歳
支払い保険料累計9,111,600円
解約返戻金6,623,000円
返戻率72,6%

 

66歳
支払い保険料累計9,111,600円
解約返戻金9,474,000円
返戻率103.9%

 

70歳
支払い保険料累計9,111,600円
解約返戻金9,515,000円
返戻率104.4%

 

75歳
支払い保険料累計9,111,600円
解約返戻金9,546,000円
返戻率104.7%

 

85歳
支払い保険料累計9,111,600円
解約返戻金9,441,000円
返戻率103.6%

 

98歳
支払い保険料累計9,111,600円
解約返戻金0円
返戻率0%

 

見ていただいたら分かる通り、98歳まで持っていると解約返戻金がゼロになってしまいます。
まぁここまで持つ人もいないと思いますけど・・・。

 

そして返戻率が経過年数によって変わってくるのにも注意が必要です。
ざっと上記の例で確認すると、70歳で返戻率104.4%です。

 

ですが75歳で返戻率104.7%、そして85歳では103.6%と下がってしまいます。
この辺もしっかり確認しておかないといけませんね。

 

アクサの「一生保障」の終身保険の解約返戻金は?

axa一生保障

 

アクサの「一生保障」の終身保険、サイトを確認すると主な特徴として4つ挙げられています。

 

1、死亡・高度障害保障が一生涯続く。
2、保険料は契約時のまま変わらない。
3、低払いもどし金特則がある。
4、年金払移行特約を付けると、年金受取りにできる。

 

特徴をざっと挙げることで、アクサの「一生保障」の終身保険のイメージがつかめてきたのではないでしょうか?

特徴としては一生涯の死亡・高度障害保障があります。

 

あと面白いのが「低払いもどし金特則」です。

これを付けることで割安な保険料で死亡・高度障害保障が受けられるというものです。

 

さて本題というか、運用の意味で注目なのが解約返戻金ですね。

ちなみに、こちらでは解約時払いもどし金というふうに書いてます。

 

そんなアクサの「一生保障」の終身保険の解約返戻金ですがいくらぐらいになるのでしょうか?

 

例:65歳低払いもどし期間型、保険金額:1,000万円、保険期間:終身、保険料払込期間:65歳満了
男性35歳で契約 月額26,270円

 

65歳
支払い保険料累計9,457,200円
解約返戻金6,787,000円
返戻率71.7%

 

66歳
支払い保険料累計9,457,200円
解約返戻金9,709,000円
返戻率102.6%

 

75歳
支払い保険料累計9,457,200円
解約返戻金9,815,000円
返戻率103.7%

 

85歳
支払い保険料累計9,457,200円
解約返戻金9,908,000円
返戻率104.7%

 

65歳払い込み満了なので以降は払い込みは不要となっています。
そして保険期間は終身なので一生涯保障となっています。

 

まず、低払いもどし金特則付なので65歳未満の解約返戻金は低くなっています。
でも死亡保険金、高度障害保険金はしっかり保証してもらえますからその辺は安心ですね。

 

では肝心の解約返戻金はどうなっているのでしょうか?

ご覧の通り、65歳未満の返戻率は余裕で100%を切っています。

 

その代わり、66歳以降は100%を超えているのが分かります。

そして、解約返戻金も経過年数によって解約返戻率が変わってきますのでチェックしておきましょう。

 

プロフィール
一平b
はじめまして、一平と申します。

NISAが最近よく耳にしますしそれに私自身がそのNISA枠で低位株をやっています。 なのでその運用実績などをアップして何か参考にしていただけたら幸いです。


NISA(ニーサ) ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログ NISA投資へ
にほんブログ村
カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ
最近のコメント